FC2ブログ


| Home |
さまよう刃
200708000405.jpg

最初にちょっとネタバレです。
ご注意を。

これは、もう読み終えて少しなるけど・・・
ちょっと前、大学の同窓会に行くのに電車で2時間半の間、なんか読もうと本屋で買った。
東野圭吾は家内が大好きな作家の一人だ。
実は私はまだ読んだことがない。
あらすじを見た
こうゆう悲しいものをしょいこんだ人物の話というのにはつい目がいってしまう。

わかってはいたけど
やはりこれから同窓会に行く道中で読むものではなかった・・・(涙)

娘を持つ父親として
これは
たまらない
ものすごい嫌悪感と脱力感・・・

自分の娘が陵辱されている所を録画したテープを犯人宅で発見し、最後まで見てしまう・・・
もう
自分なら気が狂ってると思う。

そして
ラストでのこの発言が今でもずっと頭に残ってる。


「警察は正義の味方じゃない。法律を犯した人間を捕まえているだけだ。警察は市民を守っているわけじゃない。警察が守ろうとするのは法律のほうだ。法律が傷つけられるのを防ぐために、必死になってかけずりまわっている。ではその法律は絶対に正しいものなのか。絶対に正しいものなら、なぜ頻繁に改正が行われる?法律は完璧じゃない。その完璧じゃないものを守るためなら、警察は何をしてもいいのか。人間の心を踏みにじってもいいのか。」

ぐっときた。
これに賛同とかいうものでなく
とにかく
胸に残った。。。

そして、もうすぐこのタイトルが映画で公開される。
観たい気持ちには正直なっていないけど
キャスティングはすばらしいと思う。
みんな、原作のイメージと見事に合っている。

先日から、性犯罪の裁判員裁判がよく取り上げられている。
いろいろと考えてしまう。。。


思うTB(0) | CM(2) | top↑
<<萌え顔 | Home | 水曜日と木曜日の稽古>>
comments
以前この本読みました。
この本を読んだあと実際に怒った残虐な事件を思い出しました。
人の数だけ考え方もあるとは思いますが、私は父親を責める事はできないと感じました。
遺族側になった事もなく父親の気持ちは想像を絶し、こんな考え方は絶対ダメだとは分かっているんですが、情報を得た事で新たな惨劇がおきたとしても知ってほしい、知らせてほしい、本人が望むなら。。。と思ってしまいます。
【2009/09/09 15:44】URL | プリンママ #-[ EDIT]
プリンちゃんへ
ほんと想像を絶するよね・・・
なんともやりきれないですよ、ほんと。

知らせることはもちろん大事だと、思う。
でも、知らなくてもいいこと・・・も「ある」と思ってる。
実際、ぼくの胸だけにしまってることもいくつか、ある。
判断が難しいし、自分勝手じゃないかと自問自答しながらも・・・割り切ってしまい込んでる。
それもそれで、苦しいんだけど、ね。

人の為って、なんなんだろう・・・て思うよね。
【2009/09/11 00:03】URL | けんじ #X.B983v6[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |