FC2ブログ


| Home |
免疫の方向
毎週木曜日は鍼灸院に通っている。
腰が悪いのはもう長い付き合いだが、それを治すというよりも自分の体の状態をチェックしに行っているという方が正しいかな。

結局治すためには、週一の処置ではなく、最終的には自分でストレッチして弱っている筋肉を補わなければならない(ビリーのような硬い筋肉ではなく・・・ね)
でも、これがなかなか・・・出来ない(笑)

で、鍼灸院に行くといつも先生といろんな談義で盛り上がる。
いろんなネタで共有するツボがある。
今日は免疫の話がおもしろかった。
先生は中医学だけでなく西洋医学にも精通しているので、多角的なアプローチの意見がおもしろい。
最近私の免疫力が落ちていることで・・・
やっぱり「胃腸が弱っている」とのこと。
そこから、現代の免疫についてお話していただいた。

「必要悪」という言葉は正直好きな言葉ではない。
でも、この「必要悪」がないと、免疫が働き場所を別の方向に求めるのだそうだ。
例えば、今は昔に比べて、清潔で食べ物の衛星状況などがすごくいい。
免疫の働き場所が「減る」んだって・・・。
昔はお腹をこわしたり、いろんな病気をちょくちょくすることなど、珍しくもなく日常的だった。
免疫の仕事場がたくさんあって、活発だった。

現代はその仕事場が減った分・・・別のところに求め、出てくるのが「アレルギー」らしい。
ヒマなので、働きたい免疫は別に攻撃しなくても・・・というところをターゲット・ロック・オンなのだ。
実際、「金属アレルギー」の人が外国の不摂生な環境で体調を崩す生活を送ると、「アレルギー」が出なかったらしい。
免疫が本来の仕事場に戻ったと解釈すればいいのかな。
これは、どこかの偉い先生のある説らしいので、絶対正解とはもちろん言わない。

腸内の善玉菌もそればかりだとやっぱりいけない。
悪玉菌がいなければ、善玉菌の働き所がない。もちろん悪玉菌の割合が増えると「ガン化」に進んでいってしまうけど・・・。
要するに、「バランス」なのだ。

日常適度にいろんなものを体に取り入れ、免疫を働かせることが大事。
そのためには、潔癖はよくない。
少しぐらいお腹をこわしたり、ちょっとした病気をするぐらいがいいのかもしれない。
解釈のちがいで誤解されやすい言い方・・かなぁ

でも予防接種なんか、接種した後周りでその病気が存在してプチ感染しないと、「ロケット効果」が得られず抗体の期間に大きな差ができる。
最近やっとインフルエンザが少なくなってきた代わりに、「はしか」が今年も流行ってきてるらしい。
これも背景に「ロケット効果」が関係している。
「小学校のとき受けたから・・・」と安心しても、周りで病気が流行ってなかったので数年後には抗体が消える。それを知らない人が多い。
「なんで?注射したのに~」って。

・・・あぁ、なんかすごく長くなって来た・・・(笑)
どう〆ようか・・・
えと・・とにかく、潔癖症、神経質などはあまり免疫にとっては好ましくありません。
・・・すごいテキトーな言い方・・・(汗)
お許しを~・・・

あ、私は子供の時ほぼすべての病気やりました(はしか、おたふく、水ぼうそうなど・・・)
絶対免疫でっす!一生ものだぁ・・・はは。

日記TB(0) | CM(2) | top↑
<<本日の稽古 | Home | 本日の稽古>>
comments
免疫
昔はよく地面に落とした飴などを平気で拾って食べていました(笑)
そうそうギョウチュウ検査とかしてましたなぁ~
お腹の中に寄生虫がいると、花粉症にならないとか・・・・

キャンプでは適当に不潔ですごしましょう!?(笑)
【2008/02/29 06:43】URL | うっし~ #HHofMmg.[ EDIT]
うっし~さんへ
幼児の時なんでもかんでも口に入れるのって、あれは・・いろんなバイキンを入れ込んで免疫鍛えてるんやなぁ・・って思いました。

>キャンプでは適当に不潔ですごしましょう

いえ、その前に・・・みなさんまず、会話が適度にお不潔ですわぁ~・・・(笑)
なるほど、みんなめっさ元気っすわ(爆)
【2008/02/29 17:42】URL | けんじ #X.B983v6[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |