| Home |Next
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
父から
長く更新がない時はいつもながらいろいろありますが。。。

ふと
クリックしたサイトでみた記事でこんなのあった。


「お前はたぶん今人を恨んでるだろう。お前は今夢を売って、夢を作ってきたんじゃないか。人を恨んだり憎んだりして良い作品ができるか? そういう作品はお父さんはみたくない。自分がやってきたことを信じなさい。(中略)金なんてものは結局心がないものだろ?
そんな心のないものにお前は命を預けちゃうのか。こんなくだらないものに命を預けるなんて、お前はそこまで馬鹿じゃないよな」


米米CLUBの石井龍也が大きな借金を抱え、自殺未遂などから救われた

「父の言葉」だそうです。


少し前
はるきが野球を辞めたいと泣いた(中二で泣くか?)時に
私も父からの言葉として、初めて手紙を書きました。
今、何も感じなくとも大人になって、いずれ思い出して欲しいと思ってる。


rps20120626_135916_594.jpg







それから










私のダボ父が











「再婚」




してました(←ここ注目(笑)






ボクは父から救われるどころか
いつも
精神的に追い詰められます。


かなり
病んでおりますー(笑)




スポンサーサイト

思うTB(0) | CM(8) | top↑
岐路
最近お騒がせのマインドコントロールされてる芸人の方の事・・・
いつも思う

「なんでこうなるまで誰も止めれんかった」

まわりの人間がどんながんばりをしたかはわからないし
ネットや報道だけでは真意真相なんざわかるわけないけど
結果、本人は堕ちているし、これから先は絶望的な状態だ。


周囲に救いきる覚悟と熱意が無かったようにみえる。


ここまでに至るにその前兆と、一線を越えるタイミングや時期は
近い立場の人には必ず分かるはずだ。

「ここで無理にでもなんとかせんとあかん」


本人にも問題があるとしても、自分ではまずどうも出来ない
脳的におかしくなっている状態。
周囲の誰かが強引にでも引き揚げてあげないといけない時・・・
そうゆう本人が人生の岐路に立たされてる時



実際に去年あった



悪寒が走った。
ものすごい悪い予感。
一瞬ほっておこうとも思った。
いや、絶対にこれはヤバイと感じた。
これが最後・・・だと。

仕事をほっぽり出して行った。
彼は、今、まさに出ていくところだった。
間に合った。
超ギリギリで間に合った。
ドラマのワンシーンみたいだった。
彼は
私の問いかけに少し涙を浮かべていた。

救えた
彼は元気に働いている。
これでもう大丈夫とは言い切れないだろうけど
とにかく、今、いい状態なので、それでいい。



身を挺してでも
守ってあげないといけない時
身内の人間が動くのがいちばんいいに決まってる。
彼女の場合、それがなかったのか、力及ばずだったのか
わからないけど、前者のように思えてならない・・・
だったらとても悲しいことだ・・・



それと
加害者にはそれ相応の対価が与えられるべきだと思う。



思うTB(0) | CM(0) | top↑
重なる偶然
ろくさんからブログに書き込みがあり、ちょっと時間を置いてさかぽんさんからメールがあった
「生きてるかぁ~?」の内容で。。。
そのことで、先日のキャンプでさかぽんさんが
「あれな、言合せしてないねん。ほんま偶然重なってん・・・びっくりしたわ」

こーゆー重なり方って私の場合ままあります。
みなさんもやっぱありますでしょうか?
私はけっこービビるぐらい重なることがよくある。
何年も連絡取っていない友人、知り合いからの連絡が同じ日に重なったり。
しかも、何件もあったり。。。
霊合星人だからなのか?と思ってしまう。

そんなことを焚火でさかぽんさんに話しする直前、メールが入った。
HP「ビスケット」のBBSの書き込みの転送メールだった。
変なサイトの書き込みだろうと思って見ると

神戸に住んでた時にお世話になりっぱなしだった、お好み焼き屋の兄ちゃんだった。
口をあけて目を見開き、時間が止まった。
なんか
涙が出そうになった(←でんがな、まんがなの話してる時なのですぐに消し飛ぶ(笑)

しばらくして、焚火を見ながら昔の神戸でのこと
楽しかったこと、怖かったこと、震災のこと、など思いにふける
パチッとはぜて、火の粉が満天の星空と重なると
懐かしい顔がいっぱい浮かんだ
やはり
じわっと涙が出る。

神戸での生活は私の人生を間違いなく変えた。
いいも、わるいもすべてが詰まった7年間だ。
本当にしみじみと思い、考えることが今でもよくある。。。


HPもどーにかせんとと思いながらず~っと放置状態だ。
スノーピーカー第一世代の方々に憧れて作ったHPなので、思い入れもあるけど
ちと、モチベーションを持続させるのがやはり難しい。
いずれ、シンプルな形にしようと思っています(汗)



思うTB(0) | CM(4) | top↑
脳に悪いこと
今晩の「エチカの鏡」で脳のことをやっていた。

「脳に悪いこと」を3つ紹介していた。
2つおもいっきりあてはまっていた。(汗)

* 愚痴を言う
* 終わりが見えると安心する

終わりが見えると安心、油断して気が抜けて脳の機能によくないらしい。
VTRの通り、仕事であともうちょっとで終わりになると、その前に息抜きしていまうことがよくある。
愚痴は最近四六時中だ。。。
父がもう毎日悲惨で、私にできることはひたすらガマンしかない。。。
いろいろ「手」を考えてもやっぱり無理なので、ほんと、ただガマン。(泣)


愚痴をひたすら吐きまくっている。
いや
前向きにとらえていることもあるけど。。。やっぱ、ストレスになる受け止め方ばかりだ。。。

ちょっと反省しよう
愚痴をできるだけ言わないよーにしよー
家内も母も妹二人もみんなものすごく心配してくれている。

いろいろスイッチングしよう。。。うん。



思うTB(0) | CM(0) | top↑
さまよう刃
200708000405.jpg

最初にちょっとネタバレです。
ご注意を。

これは、もう読み終えて少しなるけど・・・
ちょっと前、大学の同窓会に行くのに電車で2時間半の間、なんか読もうと本屋で買った。
東野圭吾は家内が大好きな作家の一人だ。
実は私はまだ読んだことがない。
あらすじを見た
こうゆう悲しいものをしょいこんだ人物の話というのにはつい目がいってしまう。

わかってはいたけど
やはりこれから同窓会に行く道中で読むものではなかった・・・(涙)

娘を持つ父親として
これは
たまらない
ものすごい嫌悪感と脱力感・・・

自分の娘が陵辱されている所を録画したテープを犯人宅で発見し、最後まで見てしまう・・・
もう
自分なら気が狂ってると思う。

そして
ラストでのこの発言が今でもずっと頭に残ってる。


「警察は正義の味方じゃない。法律を犯した人間を捕まえているだけだ。警察は市民を守っているわけじゃない。警察が守ろうとするのは法律のほうだ。法律が傷つけられるのを防ぐために、必死になってかけずりまわっている。ではその法律は絶対に正しいものなのか。絶対に正しいものなら、なぜ頻繁に改正が行われる?法律は完璧じゃない。その完璧じゃないものを守るためなら、警察は何をしてもいいのか。人間の心を踏みにじってもいいのか。」

ぐっときた。
これに賛同とかいうものでなく
とにかく
胸に残った。。。

そして、もうすぐこのタイトルが映画で公開される。
観たい気持ちには正直なっていないけど
キャスティングはすばらしいと思う。
みんな、原作のイメージと見事に合っている。

先日から、性犯罪の裁判員裁判がよく取り上げられている。
いろいろと考えてしまう。。。


思うTB(0) | CM(2) | top↑
春は動く
春はいろんなことが動く季節。
社会や市場など、人、物、事が動き出したり、その速度をはやめたりもする。

昔、神戸で店をやっていたとき
この季節はちょっと「おかしい」「変」「ラリってる」などの人種も
暖かくなり行動を開始しだすもので、よく警戒していた。
アルバイトの女の子には特に注意を呼びかけてた。

今日、ワイドショーでは
SM○Pのつよしが、夜の公園にて裸で泥酔

逮捕!

春の珍事にしちゃー波紋が大きそーだなー、うん。

それから
先日は欽ちゃんFのタレントさんが自殺した。
遺書があって、原因をいろいろ言われてるみたいだけど
原因なんて本人にしかわからないし
さらには、本人にすらわからなかったかもしれない。

介護が壮絶なことは聞いている。
そんなに詳しくはないにしても、家内が看護師なので、現実と問題はリアルに聞いたことがある。
亡くなった家内のお母さんのことも
これから本格的な介護がやってくるだろうからいろいろ考えねばと思っていた。

その、自ら命を絶った出来事とは対照的に

今日
とても悲しいニュースがあった。




プロジェリアのアシュリーちゃんが天国にいった



彼女は難病を「難」とはとらえず、神さまからの贈り物として
感謝しそれと向き合い
一生懸命生きた。
17年は彼女にとっては長かったのか、短かったのか
そんなものは愚問かな
くしくも、お母さんがアシュリーちゃんを産んだ年齢も17歳らしい。

とにかく彼女は力の限り駆け抜けていった。
彼女はとてもとても幸せだったんだと思う。
今天国で大好きなジョンと再会し、手をつないでるんだろうなー・・・
安らかに・・・


思うTB(0) | CM(0) | top↑
命日
今日は家内のお母さんの命日だ。

去年はなんかしみったれたこと書いてたなぁ。(笑)

あ、お母さん
ほんでね
弟のこーへいくん
顔つきがすごく明るく、いい男の顔になってきましたよ。
彼もいろいろあって、大変だったよね
たいした支えもしてあげれなくて・・・ごめんね
でも、男じゃから、あんまし手取り足取りってーのはね・・・
これから、絶対よくなるはずよ・・・うん!

しかし
今でも
やっぱり
目が潤むなぁ。

いなくなって時間が過ぎてく日常で、ちょくちょくお母さんを思い出す。
もっともっと笑ってすごしたかった。
そして
最後までこころを通わせることの難しさと、もどかしさを感じていた。
でも
後悔だけはしていない。


今でも、いっぱいグチを言われてるような気がするけど。
信頼はされていると思っている・・・んだけど
・・・ダメ?お母さん。
いいよね?



ほんと
ゆるしてね・・・おかあさん。



思うTB(0) | CM(0) | top↑
証人
090211_134224.jpg

もう一度結婚するんじゃありません。(笑)

下の妹が3月に結婚する
「婚姻届を出すから証人のトコお願い」と
言われたので、少し緊張しながら書いた。

妹は結婚式で
「ヴァージンロードはお父さんとは歩きたくない、お兄ちゃんがいい」と
言っている・・・(ぎゃ~)
式はもうすぐだというのに、父は彼氏の親との挨拶もしていない・・・
そして、未だに
式の出席もどーしたものかと・・・私と妹で、思案、悩んでる。

もちろん父は出席したいのだろーけど
その前に
「別居」の問題を解決しないと、表舞台に出れないんだろう。
いろいろと、その問題の解決は、ほぼ不可能に近いわけで・・・
歳を重ねる度に、子供にいろんな心労と迷惑をかける父親だ・・・うん。

また一波乱ありそうな予感。
なんか策を練らんといけんか・・・
あー・・・次、生まれ変わるとしたら、絶対次男がいい・・・(笑)


思うTB(0) | CM(0) | top↑
14年
阪神淡路大震災から14年経った。
毎年のことだけど
新聞や各メディアで見る度にやっぱり、ぐっと込み上げるものが、ある。
去年は「記憶が薄れていくのがイヤだ」と書いた。
薄れても、絶対に消えることはないんだけど・・・ね。

ごっそりと抜け落ちた時間

深い、深い淵が、ある

その淵と正面から向き合うことができるまで、少し時間がかかった

糧とし強くなった

生かされた命だ

辛かろうが、死ぬわけじゃないと思えば、本当に何も怖くなくなった

でも

結婚し家庭を持つと、死んではいけないと真剣に思った




毎年この日はいろいろと思う・・・。


思うTB(0) | CM(2) | top↑
おくりびと
映画「おくりびと」を紹介するコーナーが今朝のめざましテレビであった。
『納棺師』というものを題材にした映画は始めてだと思う。

見てて・・・もう、涙が・・・
でも、泣けない。
だって、会社の従業員をちょうど車に乗せたとこだったから。(笑)
「おはよう」とフツーに挨拶をしても、サングラスの下はウルルで・・・
なんとかこらえて会社まで運転したです、はい。


こっから先は、シメっぽいのでたたみまーす。

...READ MORE▼

思うTB(0) | CM(0) | top↑
| Home |Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。